Home     サイト説明/運営者     スマホ(携帯)コミック     RSSRSS     サイトマップ

Posts Tagged ‘るろうに剣心’

るろうに剣心【映画】のレビューと評価

2012年8月23日 by smart1manga2323 | No Comments | Filed in 漫画

るろうに剣心の映画を観てきました!リアルタイムで読んでた世代としては気になるとこで。
原作が漫画の実写化です。もちろん原作は読んでましたし、私の中ではドラゴンボールと双璧を成す青春時代(笑)のバイブル的な漫画でした。

これは初の実写化成功じゃないでしょうか。普通に面白いです!確かに突っ込みどころ満載だけど、それ以上に殺陣がすごい(笑)
小説や漫画が原作の実写化はちょっと……という人が大勢いるとは思います。個人的には気にしないんですが、いわゆる実写化アンチな人にも薦めてもいいんじゃないかな?

たしかに尺の問題で詰め込み感はいなめないですが、ど迫力のアクションが全てを払拭するような映画でした。とにかく殺陣の迫力、スピード感がすごい。佐藤健はこんなにも動ける役者だったのか?と驚き。
芝居自体はうまい役者だと思っていたので、剣心モードと抜刀斎モードの演じ分けは、さすが。脇を固める役者陣も豪華ですが、中でも香川照之すげぇ。いまや日本を代表する役者の一人ですが、あまりの観流のハマリっぷりにちょっと笑ってしまった(笑)

—–
原作:和月伸宏「るろうに剣心 -明治剣客浪漫譚-」(集英社 ジャンプ・コミックス刊)
主演:佐藤健
監督:大友啓史
製作総指揮:ウィリアム・アイアトン
エグゼクティブプロデューサー:小岩井宏悦
プロデューサー:松橋真三、野村敏哉
製作:ワーナー・ブラザース映画
制作プロダクション:STUDIO SWAN(IMJ-E)

【キャスト】
緋村剣心 – 佐藤健
神谷薫 – 武井咲
明神弥彦 – 田中偉登
相楽左之助 – 青木崇高
高荷恵 – 蒼井優
外印 – 綾野剛
戌亥 – 須藤元気
山縣有朋 – 奥田瑛二
鵜堂刃衛 – 吉川晃司
斎藤一 – 江口洋介
武田観柳 – 香川照之

幕末から明治になり、かつて「人斬(き)り抜刀斎」として恐れられた剣客・緋村剣心(佐藤健)は「不殺(ころさず)」の誓いのもと流浪人となっていた。流浪の旅の途中、剣心は神谷道場の師範代・薫(武井咲)を助けたことから、薫のところで居候することに。一方、街では「抜刀斎」を名乗る人物による人斬(き)り事件が発生しており……。
—–

ジャンプでやってたときも毎週楽しみにしてたので、すぐに観てきました。
電子コミックでも探しているところです。
スマホでも漫画が読みたくなってきました。

映画の剣心はけっこう楽しみにしてたんです。映画観にいくと毎回予告が流れるので公開が待ち遠しかった。
はずれでもいいからとにかく早く!と思ってたらいつも行ってる映画館で先行上映してたので初日に行ってきた。

元々主人公最強設定みたいな、主人公無双みたいな設定が大好物だったりするので、そういう意味で剣心は私好みでした。
お金に余裕がある時にでも、電子コミックとか小説とかを買ってみたいなと思います。

ただ凄く残念だったのはアクションシーンです。折角、剣心の格好良い戦闘なのに画面がゆらゆら揺れて見辛く、一体、何をやっているのか、全く分かりませんでした。剣心が複数の敵と戦って無双斬りを披露するところなどは特に酷かったです。目が回るかと思う程、画面の移り変わりが早く、敏感な人だと気持ち悪くなると思います。こういうところはアニメの方が絶対キレイに出せるだろうなぁと思ってしまいました。

こういうアクションが気になったのは初めてのことなので、相当悪いんだと思います。他に敵が銃を使うシーンなんかは画面がチカチカチカチカ光って眩しく、下手をすればポケモンで有名なポリゴン事件が起こるんじゃないかと思う程、チカチカ加減が半端なかったです。こういうところは本当に残念に感じました。

でも、全体的に予想を良い意味で裏切って、普通に面白かっです。漫画原作の時代劇ものはたまにやってるけど、これだけ殺陣がしっかりしているのはなかなかないと思う。
るろ剣は一昔前のOVAでもそうだったけど、なぜかリアル路線にしたいらしく今回もありえない必殺技を使ったり技名を叫んだりはしません。

なので飛天御剣流は使わないのかなぁと思ってたら一度だけ使ってくれました。他にも斎藤が牙突してたり。でもあの牙突は使った瞬間笑いました。
あれだけ浮いてるよね。いろんな意味で。構えは格好良かったです。左之助は二重の極みを覚える前だから必殺技とか特になく暴れるだけ。だがそれがいい。

きっと原作知らなくても楽しめる内容なんじゃないかな。先行上映という事でパンフが売ってなかったのが残念。でも剣心のコスプレ衣装は売ってました(笑)
Mサイズ16800円。どういった人が買うのか気になります。やっぱり女性が買うのかな?

続編があるなら観たいです。剣心も薫もめっちゃ良かったんだけど、私の一番大好きな左之助がめっちゃ違和感あった・・・、けど青木崇高さんの左之助が物凄いカッコいいんですよ。本当、佐藤健さんの剣心もすごく良かったです。

佐藤健さん演じる、緋村剣心ゎ私ゎ好きでしたね。かわゆでした。
剣心、小さくて優男だしイメージとか良い意味で壊していなかったので初見で見たときから、良かった~と思いました。

演出も素晴らしかったですね。剣心が人斬り抜刀斎だった時の回想シーンでは、人が笑顔で暮らせる新しい時代のために人を斬っていく事への苦悩がとてもよく描かれているし、殺陣のシーンのスピード感も凄いイイ!「ハゲタカ」を撮ってた監督だからかな。(ちなみに音楽も「ハゲタカ」の人です)

そして、恵を演じた蒼井優さん、新しい一面を見た気がします。なんていうか、蒼井さんが今まで演じた映画(岩井俊二監督作品など)を振り返ってもらうと分かるんだけど、森ガールっていう印象が今まであったんだけど、全然違いましたよ。

そうそう、忘れちゃいけないのは武田観柳を演じた香川照之さんは、やっぱりソックリ過ぎてビックリしました。原作を熟読して役作りをしている感じが伝わってきて、一つ一つの台詞や動作やしぐさが武田観柳なんです(笑)

スマホの電子コミックで本当に探してみようかな。真面目に読みたくなってきた・・・

Tags: