配信サイト:まんが王国
花園メリーゴーランド

家に代々伝わるという刀「烏丸」を求めて父の田舎に向かった相浦は道中で迷い、「けびが沢」という村へ辿り着く。しかしそこは性に関して奔放な”独自の慣習”をもつ集落で、まだ未成年の相浦は徐々に一般常識を失っていき…。

花園メリーゴーランド
↓↓試し読みはこちらのページ↓↓

ジャンル:ヒューマンドラマ、青年コミック

作家:柏木ハルコ

対応キャリア:Docomo/au/Softbank

無料立ち読み:あり

⇒まんが王国で読むならコチラをクリック

花園メリーゴーランドの口コミ・レビュー・評価です。

執筆時点でコミックランキングのかなり上位にあった本作。物語は「烏丸」という刀の捜索の話ですが、メインは主人公の相浦と「けびが沢」の人たちとの奇妙で奇抜な交流と、澄子との淡い恋愛模様が主軸になっていきます。

相浦は父の田舎を訪ねる途中で道に迷い、けびが沢の旅館の娘「澄子」に介抱してもらう。

そこを拠点に烏丸捜索を始めるが、その村はかつての隠れ里であり、独自の”性”文化を持っていた。

それはかなり開放的、奔放的であり、相浦の貞操観念や通常の常識が徐々に崩れそうになっていく。

そんな中、自分と同世代である澄子と接するうち徐々に、ゆっくりと仲を深めていくものの、村のしきたりや風習に翻弄されていくが…。

面白いポイントは村の人たちとの交流と澄子との関係。村の住人が何人か出てきますが、どの人もかなり個性的で面白い!

困ったヤツもいるんですが、みんな憎めない人間味溢れるキャラばかりです。あと澄子との恋愛模様。15才前後の二人の淡い青春と変わった村の文化とのやきもき感がけっこうイイ味出してるんです。

正直なところ、画はイマ風では無いものの、ストーリーやキャラ設定はしっかりしてて、ラストまで見逃せない展開になってますよ!(笑)