配信サイト:まんが王国
十年愛

高校生の「根本麻里」は、同級生である「高木弘也」に長年片思いをしていた。

ある日、サッカーの試合で重大なミスをしてしまった弘也を慰める為、麻里は身体を許してしまう。ここから麻里と弘也の複雑に絡み合う壮絶で切ない物語が始まっていく…。

十年愛
↓↓試し読みはこちらのページ↓↓

ジャンル:青年コミック、恋愛

作家:倉科遼

対応キャリア:Docomo/au/Softbank

無料立ち読み:あり

⇒まんが王国で読むならコチラをクリック

十年愛の口コミ・レビュー・評価です。

この作品は結構前からリリースされてますが、長い間コミックランキングで上位にランクインしてます。漫画「女帝」や「嬢王」で有名な倉科遼さんが制作に携わっていることも人気の要因であるかもしれません。

ストーリーは、麻里が弘也への一途な恋を貫く恋愛ものです。が、かなりどろどろな展開を擁しています。麻里は弘也にセフレとしか見られていなかったが、想いが断ち切れないため、その状況を納得しないまま受け入れていた。

ある日麻里は母の再婚相手に襲われそうになり、家を飛び出してしまう。弘也に助けを求めて家を訪ねるが、弘也の父親が事業に失敗し、母親に連れられて失踪していた。麻里はそれを追うカタチで徐々に性と暴力の世界に踏み込んでいく…。

いわゆる「昼ドラ」っぽい展開で物語自体が面白いのもありますが、それをさらに彩るのがキャラの表情。線の強弱が印象強く、ひとりひとりの喜怒哀楽がとても表情豊かに描かれています。

それと全編カラーであることもポイント高いですね。おかげで後半の一悶着あるシーンではかなり迫力がありますよ。執筆時点では5話まで無料なのですが、麻里が純愛をどう通すのか、最後まで気になっちゃう作品ですよ。