Home     サイト説明/運営者     スマホ(携帯)コミック     RSSRSS     サイトマップ

Monthly Archives: 9月 2012

古いコミックが読みたくなりました。

2012年9月30日 by smart1manga2323 | No Comments | Filed in 漫画

スマートフォンで電子漫画がばかり読んでたら、手塚治虫展の影響か。古いコミックが読みたくなりました。

水木しげるさん・手塚治虫さんときたら、次 展覧会ありそうなのは。
藤子不二雄さん・石ノ森章太郎さん・永井豪さん・・とかか。
鉄人28号の横山光輝さんも考えられるなあ。

横山さん、「赤影」を。
最初の敵忍者軍団の強敵、剣の使い手 不知火典繕。
作者さん、典繕と言う名前が気に入ったのか。
別の忍軍の強敵、別な名前だったのが途中から典繕に。
勘違いしちゃったのかな。

藤子さん、(家の中)掘ったら「怪物くん」や「忍者ハットリくん」
「笑うせーるすまん」が出てきた。

石ノ森さん、コンビニで「仮面ライダー」を。
あと、「変身忍者 嵐」も。
「ロボット刑事」や「多羅尾伴内」も読みたいな。
数年前 NHK-BSで 数日 ぶっ続けで放送された「石ノ森ワールド(たぶん、違うタイトル)」の録画したのも見たりして。
そっか、仮面ライダーの「おやっさん」がやってた喫茶店「アミーゴ」
よくギャグやパロディでも使われるでしょ、最初はスナックだったんだ~。
ってことは、ヒロインは 18才の頃からスナックでバイトかあ。

永井さん、コミック読まず アニメを。
「ドロロン えん魔くん」、怒黒&こばんざめの回(10話くらい?)周辺を。
途中で 雪子姫の姿がガラリと。
身長もかなり伸び、年令も5才くらい上になった感じ。
つり目からたれ目になったし。
前の方が アニメで動かしやすそうだったけど・・・。
妖怪に何度ヒドい目にあっても、身の回りの人が妖怪だったりすると受け入れる、
ツトムくんや学校の友人、先生とかがスゴいと思う。
この学校、イジメとかないな・・・。
永井さんと言うと、「デビルマン」「マジンガーZ」
まとめて、「マジンガーZ対デビルマン」を。
劇場版だけあって構図に凝ってる。
テレビより横長の画面だから、画面を斜めにしてみたり、分割したり。
絵も細部まで描かれ、動きも当時としては動いてるんじゃ・・・・。
エンディングでキャストさんたち、悪役の、ドクター・ヘル、魔将軍ザンニン、あしゅら男爵、シレーヌの声優さん達が
主役たちより先に出てるのが、なんか不思議。

楽天の電子書籍リーダーKobo

2012年9月29日 by smart1manga2323 | No Comments | Filed in 電子書籍・携帯コミック

楽天の電子書籍リーダーKoboを買いました。裏面はキルティングの生地に見えますが、プラスチック素材です。

少し持ち重りがします。画面は、12cm×9cm。画面は私が持っているKindleリーダー(液晶、文字入力用のボタン付き)とほぼ同じ大きさで、筐体はKindleリーダーよりもかなり小さいです。持ち重りを感じるのは小さいからかも。

早速、PCからアクセスしたサイトで「ヘルタースケルター」(コミックです)と「国際ジャーナリストの英語術」(朝日新書。後で気づいたのですが、紙で買ったことのある本だったみたいです)を買ってみました。

ヘルタースケルターはトップにあったので購入は簡単でしたが、購入の際に楽天市場に登録した情報を使って購入するコマンドを選ぶと前に進まず、新たにクレジットカードの情報を入れる必要がありました。

koboショップは自由に本を選ぶというよりは、何か検索ワードを入れてヒットしたものから選ぶしか使い道がわからず、とりあえず「英語」というキーワードを入れて、上がったものからアマゾンのページを参照したりして情報をレビュー情報を得たりして決めました。

アマゾン、ごめんなさい。楽天のkoboより先にKindleの日本語版が出ていたら私、たぶんkoboは買わなかったと思います。アマゾンで本を探すのは慣れていますしね。楽天はKindleに先んじるために相当がんばったのではないかと思いました。

早速読んでみました。コミックスのほうは、多分そうだよなと思ったのですが、画面が小さいです。老眼鏡が必要で、グレーの細かい柄の入った背景に文字が入っているところは、それでも読めず、拡大鏡を使いましたが、それでもしっかり1冊読めてしまいました。面白かったです(というか大変な話ですが、良かったです)。

読み終えてからいろいろ触ってみました。画面を大きく表示する機能はありますが、当然拡大すればページが画面に収まりません。大きく表示して画面をタッチして移動させ、はみ出した部分に移動することはできますが、液晶画面ですからガタガタ動きます。

マンガの1ページを読むスピードを考えると全然現実的じゃありません。気に入ったコマを眺めるときとか、どうしても見えないところを見るには使える機能だと思います。

私の目は老眼が入っていて(新聞は離せば読め、PCは老眼鏡なしで使っています)、コミックの文庫版は読むのが辛いという状況ですが、「ヘルタースケルター」は度の弱い老眼鏡で楽しく最後まで読めました。

画面の端をタッチすると次のページに移りますが、切り替わるときは一瞬黒白が反転します(これはKindleリーダーでも一緒です)。マンガを読むときはページを次々繰ることになるのでこの反転が少々まどろっこしいですが、本を読むときはそれほど早くは読めないので、許容範囲かなと思います。

文字の本の方は、文字の大きさが細かく設定できます。フォントが綺麗で、行間も良い感じで、とても読みやすいです。

これから電子本が充実すれば本が場所ふさぎにならず楽になるなと嬉しく思ったのですが、仕事関係で読み通すというよりは何度も参照して使う本は電子ブック版は辛いだろうと思います。

私は仕事関係の本は自炊してPDFファイルにして、PCで必要なときに開き、検索をかけて必要な箇所を確認して、黄色のマーカーを引っ張ったりしているのですが、これがストレスなくできるのはどの本もPDFファイルになっていてフォルダに入れているからです。

図表が入っている本だともうPDFファイルが最強ですし。自炊は時間がかかるので、早く自炊フリーになれないかなあと思うのですが、当面は自炊フリーの時代はまだまだ遠いのかもという気がしました。

当面はkoboリーダーを楽しく使ってみようと思いますが、koboのiPadやiPhoneの対応ソフトが出ればiPadを使うんじゃないかしらという気もします。コミックなら画面が大きくなるので格段に読みやすいでしょうし。

文字ばかりの本ならiPhoneがあれば楽しく読めますし。Kindleリーダーがちょうどいまそういう状況になるので、koboリーダーもそういう憂き目にあうのかなという気がしますが、でもリーダーがあればコミックの家庭内回し読みとかが簡単にできるわけで、その用途には今後も活用できそうです。

コミックは嵩張るので買うと後が大変だし、じゃあレンタルなら嵩張らなくていいかというとこれも面倒で。

娘が読みたがったシリーズをレンタルしたこともあるのですが、レンタルのコミックってお部屋の芳香剤がしみこんでいることがあったり、いついつ迄に読まなきゃって追い立てられたり(私の場合、30巻のコミックってその気になれば一瞬ですが、2週間以内にそれをしろと言われると途端に読めません)、読んだのに返し忘れて期日を過ぎちゃったりということがあって、気が抜けません。

我が家では電子本で買ってリーダーを使い回すのが一番いい方法なのかも。各社が電子版を紙版とあまり変わらない時期に出してくれればいいのですが、でもまだそういう状況じゃないみたいですね。全巻買いにつながりそうな長編コミックって沢山あるんだから、そういうのをどんどん出せばいいのに。

使い道をいろいろ探ってみます。

Tags:

電子書籍のBookLive

2012年9月28日 by smart1manga2323 | No Comments | Filed in 漫画, 電子書籍・携帯コミック

電子書籍ストアのBookLiveをはじめて使ってみました。友人がBookLive(http://booklive.jp/)という電子書籍ストアを紹介していらしたので(ありがとうございます! とっても参考になりました!)

楽しい本屋さんです。気になったタイトルをとりあえずリストしておく「キープ」機能や、数ページが読める立ち読み機能が嬉しいです。でもストアは ちょっと重いかな。iPadからショップにアクセスして品定めをしていると、ページがなかなか切り替わりません。そこで気になった本をキープして、どんな 本かしらというのはAmazonでチェックしました。アマゾンはずっと軽かったです。

BookLiveの本を読むリーダーはフォントが綺麗で、行間も適度にあいていて読みやすいです。試しに買った一冊はストレスなくあっという間に 読み終えることができました。横長に置くと、縦置きにするよりも1行の文字数が少なくなるので目の上下動が少なくて済み、楽だわと実感しました。

iPhoneで読むのも快適です。「ここまで読んだ」という情報はiPhoneとiPadで共有されますが、ちゃんとリーダーを閉じたり、同期してあげな いと共有されないのかもという気がします(ここは後でまた検討してみます)。

やったこれで楽しく本が読めるぞと喜びつつも不思議に思ったのが、iPhoneやiPadのリーダーからストアに行くルートがないこと。

iBookもKinoppyもすぐわかる箇所にStoreボタンがあってリーダーからお店に進むことができますが、BookLiveのリーダーの方はあち こち見てみてもストアへの入口を見つけることができませんでした。別途Safariを立ち上げてショップに入らないとダメなのかしら。

あともっと不思議に思ったのが、立ち読み版に「続きを買うときはここをタップ」的なリンクがないこと。

立ち読み版の最終ページに「この続きは製品 版でお楽しみください」と表示されるのですが、なぜそこから「続きを買う」がないのでしょう。勢いで買ってくれる(私のようなお調子者の)お客様は相当数 いらっしゃると思うのですけれど。

立ち読みを読み終えて、リーダーからSafariに切り替えて「ええと何のタイトルだっけ」とかやって、カートに入れて 購入するって、ハードルがかなり高い作業です。「キープ」が山ほどあるユーザーとか、「キープ」の代わりにとりあえず立ち読みをどんどん落とすユーザーと かは、ショップでええとどれが欲しいんだっけと悩んじゃわないかしら。もうちょっとユーザーに優しく、というか商売っ気を出してもいいのに。

例えば購入し た本は「キープ」リストから消えるとか、リストに「購入済み」の印がつくとか、利便性を高めるというか人を買う気にさせる方法っていろいろあると思うわ。

技術的に難しいのかしら。そういう販売法はよろしくないっていうことになっているのかしら。

でもオンラインゲームだったら(私はしたことがないの ですが)、有料アイテムってゲームをしながらすぐ購入できるんですよね。本の世界もぜひそれ式でなさればいいのに、とゲームに大金をつぎ込むニュースには 嫌だなあって思いながら、本は「すぐ買えるようにして」って、どうかと自分でも思います。

でもでも、今後しっかり利用しますから、そういったところもぜひ充実させてください。スマホで電子コミックを読む際にもかなり助かりますね☆

Tags: ,

<漫画>2次利用を無償化…「ブラックジャックによろしく」 について

2012年9月24日 by smart1manga2323 | No Comments | Filed in 漫画

最近はネットでの著作権について色々と法案が決まったり、議論が起きたりしておりますが、そんな中、この漫画の2次利用が無償化 という話がありました。

作者自身が、無償で2次使用許可した場合、どういう事になるか実験したい・・・との事らしいのです。

が、

こういうのって、その作品の「需要」があるかで2次利用されるかどうかの割合が変わってくると思うのですよね。

というか、同人の話になりますが、東方というシューティングゲーム作品は既にこの取り組みを何年も前からやってますよね?
なので、コミケ等で堂々とサークル毎にグッツ販売、2次制作のゲーム等を販売して、成功しています。

実験もなにも、もう既に行われていて、結果は出てる感はするのですけどね。

そこで思う

東方

ブラックジャックによろしく

2次利用してグッツ作ったとします。
どっちが売れるか、もう明白かと。

つまり、2次利用というのは、大元の作品に2次利用する程の魅力と、他のメディア制作に利用する場合、利用すべき点があるのかってのが大事だと思うのですよ。

このブラックジャックによろしく という作品は医療の現場の現実を突きつけるような作品で、正直、暗い内容です。

こういう作品は、一般向けに 映画 や ドラマには向いてると思いますが、実際に2次利用するとなると・・・他、何かありますか?

医療系の小雑誌で使うとか、病院のポスターで使うレベルになってくるんじゃないでしょうかねぇ?

あと、2次利用OKですよ! とか言ってますが、同人誌とかは、ある意味2次利用ですよね?
ただ、実際の作品とは無関係として作られて、販売されてるだけで。

そこで思う。
メーカーや元作品の作者等が「2次利用してるんだから、お金くれ」と言ってるだろうか?

それはない。

まぁ、色々あると思いますが、同人誌等はいわばファンアート。

2次利用になってるかもですが、あくまでもファンの人達の交流手段なんですよね。

なので、今回の、この無償化の話。

正直「何をいまさら」という感じでした。

ひねくれた考えでみると

「とりあえず一つ無償化にしてやってるんだから、他作品とか勝手に2次創作に使うなよ」

と無言の訴えに見えなくもない。

そして、2次利用するような作品とも思えない。

もし、こういう事をドラゴンボールでやっていいよ。

とかなったら、もう、世界的にヤバイ事になるだろうなぁ・・・と思いつつ、この行為、どういう位置で落ち着くのか今後見守りたいです。

電子コミック「ジョジョの奇妙な冒険」とアニメ

2012年9月21日 by smart1manga2323 | No Comments | Filed in アニメ, 電子書籍・携帯コミック

スマートフォンの電子書籍でジョジョの奇妙な冒険を読むことが増えてましたが、テレビアニメでも「ジョジョの奇妙な冒険」の放送開始日が正式に決定したね。アニメ公式サイトによると、最速はTOKYO MXの10月6日午前0時30分(10月5日24時30分)から。その他、毎日放送、中部日本放送、東北放送、RKB毎日放送、BS11でもそれぞれ放送予定とのことです。それまでに電子コミックを全巻読み終わりたいです(笑)

でもできればちゃんと地上波でもオンエアしてほしいですね。道内地上波カバー出来ないんなら最初からテレビシリーズにせずにOVAとかに。
まー『深夜枠』ってのはわかる…。スゲーよくわかる。ゴールデンに向かない表現が多いからな…

それにしてもアニメ化…最新版だと思ってたのに1部からなんて聞いて無いよ!(>A<)

お絵描きPCの復活、久々ぶりの遠征イベント予定、親戚の家、もう予約しちゃってる旅行etc…
今年と来年は色々出費が多いのです。

TVの設置(配線が旧型なので工事必須)をするとなると、また出費が…
その前に屋根の修理(リフォームの際に屋根が整備されてなかった;)も考えないといけないし、ああ無情…!

あれ?放送時間は夜中ですか???録画用ハード要るじゃん???
それも買わないといけない??!ダメじゃん!!!

旅行などの遠征の他は、今年は漫画読もう!とかビデオ見よう!とかサイトを発展させようとか色々夢もあったのだけど…ああ神様!何を優先にすべきですか??!

ところで第三部OVAって声優どんなだっけ?と思い、調べてみたら関係ないところが気になった。

空条承太郎:小杉十郎太
J・ジョースター:大塚周夫
M・アヴドゥル:小林清志
花京院典明:鈴置洋孝
J・P・ポルナレフ:森功至

Wikipediaより

こんなパーティーと遭遇したら失禁する自信があります・・・。
まずはスマートフォンの電子書籍でジョジョの奇妙な冒険をすべて読み終えてしまおう。